一元管理システム15社を比較!在庫・受注・発注管理を効率化

ECのミカタ編集部 [PR]

複数のショッピングモールに出店したり、独自ドメインサイトを持ったりと多店舗展開を行うと、それぞれの受注情報や在庫数、商品の管理や、発送処理などに必要なデータが膨大になり、ヒューマンエラーや在庫切れ等、トラブルや機会損失が発生してしまう。こうしたデータの管理を効率よく行うものとして「一元管理システム」がある。ASPカートであれば、月額数千円程度から利用でき、コストを抑えて効率をアップすることも可能。独自のこだわりがある場合にはカスタマイズ可能なシステムを選ぶとよいだろう。

ネクストエンジン(ASP)

 ネクストエンジンはHamee株式会社が提供する一元管理システム。Hameeはネットショップ運営しており、自社で行っている自社業務に沿った機能開発を運営を行っているのが特徴だ。現状2000社、1万店舗以上がネクストエンジンを導入しており、その業界シェアは1位。店舗追加や取扱商品数、倉庫システムとの連携などには追加費用は必要なく、安心して基本的な機能を使用できる。導入にあたっては30日間の無料体験も設けられている。

ネクストエンジンのサービス資料はこちらダウンロード

CROSS MALL(ASP)

 CROSS MALL(クロスモール)は株式会社アイルが提供する一元管理システム。「商品登録」「在庫管理」「受注管理」「発注・仕入」を自動化し、複雑な判断が必要な業務を人が担うことで、ネットショップ運営を最適化する。導入から運営まで充実したOne to Oneのサポート体制を整えているのが強み。また、複数アカウント、複数拠点での利用も可能。

CROSS MALLのサービス資料はこちらからダウンロード

助ネコ(ASP)

 助ネコ通販管理システムは株式会社アクアリーフが提供する多店舗一元管理ツール。必要なボタンだけが表示されるシンプルなステータス画面や、エラーが一目でわかるチェック機能を搭載しており、 70歳以上の方やパートのスタッフでも簡単に利用できるわかりやすさが強み。導入から実運用まで最短1日。満足度96.2%のサポート体制も整えている。

助ネコのサービス資料はこちらからダウンロード

スマロジ(ASP)

 スマロジは、アートトレーディング株式会社が提供する業務改善ツール。ECショップ管理から物流管理WMSまでをスマロジ ALL IN ONEシステムで提供している。複数モールからの注文ファイルを一括で受付できる他、入金確認や購入履歴など顧客管理も簡単に行える。在庫についても自動引き当てに加え、バーコード管理によるフリーロケーション管理も可能となっており、受注と物流をスマロジ上で管理することで工程を簡略化、業務効率の改善を実現する。

スマロジのサービス資料はこちらからダウンロード

次ページではカスタマイズも可能な一元管理システムを紹介します。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部 [PR]

ECのミカタ編集部。
ECのミカタに掲載しているサービス資料をもとに紹介しています。

サービス資料の掲載をご希望の方は、下記にお問合せくださいませ。
info@ecnomikata.co.jp

ECのミカタ編集部 [PR] の執筆記事