受注管理システム4社比較!受注・在庫・商品管理を効率化

ECのミカタ編集部 [PR]

受注管理システムとは、複数ショッピングモールや独自ドメインごとに異なる受注データを管理するシステムのこと。1つの管理画面上ですべての受注状況が見え、メールや配送番号の管理も一括で行うことができるため、業務効率化と、ヒューマンエラーの防止に役立つ。出荷処理が追い付かない時には、スタッフを採用する前に受注管理システムの導入を考えてみてはいかがだろうか。

助ネコ

 助ネコは株式会社アクアリーフが提供するネットショップ向け多店舗一元管理システム。「パートさんでも使いこなせる」をポリシーとし、シンプルで見やすい管理画面になっている。メールの一括送信やリピーター判別機能、送り状発行機能などを備えており、工数削減と顧客満足度アップを実現できる。親切で礼儀正しく、フレンドリーなまごころサポートで安心して利用できるのも魅力。

助ネコのサービス資料はこちらからダウンロード

受注でポン

 受注でポンは株式会社ワイズシステムが提供する受注処理だけを極めたシステム。15年間の実績と経験を活かし、カスタマイズなしでそれぞれの店舗の販売方法に合わせられる受注管理システムになっているのが強み。また簡単に操作できる管理画面と、導入時・導入後のサポートの充実で、パソコン初心者でも安心して利用し、業務の効率化を実現できるようになっている。

受注でポンのサービス資料はこちらからダウンロード

速販

 速販は株式会社サイオが提供する受注管理・商品管理システム。受注業務を一括管理し効率化を実現すると共に、受注情報を可視化することで迅速な対応を行い、顧客満足度を高めることができる。商品管理についても、他モール用に商品データを変換したり、色やサイズが違う商品を1アイテムとして管理することが可能。また、メールソフトのような画面構成をとっており、直感的な操作ができるのも魅力。

速販のサービス資料はこちらからダウンロード

GoQSystem(ごくーシステム)

 GoQSystemは株式会社GoQSystemが提供するクラウド型受注・商品・在庫管理システム。直感的に操作できる機能を多数盛り込んでおり、複数のネットショップ運営の受注・商品・在庫・売上を一括管理できるようになっている。配送伝票の作成を自動化や送信メール履歴・対応履歴・購入履歴の管理によって問い合わせにも即時対応が可能だ。利用環境に合わせて選択できる料金プランが設定されており、各店舗の状況に合わせて手軽に導入できる。

GoQSystemのサービス資料はこちらからダウンロード

 現状の受注件数ならまだ対応できると考えているネットショップも多いかもしれない。しかし、注文数が増えた時にチャンスを逃さないためには、1日の注文件数が30件を超えたあたりからシステムを導入すべきとも言われる。この機会に受注管理システムの導入を検討してみてはいかがだろうか?

記者プロフィール

ECのミカタ編集部 [PR]

ECのミカタ編集部。
ECのミカタに掲載しているサービス資料をもとに紹介しています。

サービス資料の掲載をご希望の方は、下記にお問合せくださいませ。
info@ecnomikata.co.jp

ECのミカタ編集部 [PR] の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。