EC店舗の売上高が10億円に達するための道のり

ECのミカタ編集部

 公益社団法人 日本通信販売協会によると、2015年度の通信販売市場の売上高は6兆5,100億円である。2005年以降、EC市場は伸び続けている。その状況を受け、次々と新しいEC店舗が登場している。その中で勝ち抜くためには、どのようなことをしたら良いのだろうか。

 株式会社ダイレクトマーケティンググループでは、柿尾正之氏を講師に迎え、年商10億円突破のためのダイレクトマーケティングノウハウを全7回にてレクチャーを行っている。第1回【10億への通販事業の構築とポイント】で語られたこととは…

物販よりもサービス・デジタルの時代が到来?

 経済産業省の「平成27年度・電子商取引に関する市場調査」によると、2015年は13兆7,746億円となり、EC化率は4.75%である。この内訳は、物販系分野が7兆2,389億円、サービス分野が4兆9,014億円、デジタル分野が1兆6,334億円だ。この数字を見て分かるように、サービス分野とデジタル分野が合わせて5兆円近くと、物販系分野を追い越す勢いだ。今までは本屋で本を購入すると「物販」であったが、電子書籍で購入すると「デジタル分野」となる。雑誌もデジタル分野の移行も強まったことを受け、柿尾氏は「紙がなくなることはないが、デジタル化は進んでいくのだろう。」と語った。

 同調査の「物販系分野のBtoC-EC市場規模」では、「家電関係」のEC化率が28.34%と伸びている。続いて、「事務用品」が28.19%と続く。これは、「最近勢いが凄まじい「アスクル」の影響が強い。」と柿尾氏は話した。さらに、オムニチャネルを強化しているニトリなどの影響により「雑貨・家具・インテリア」も16.74%と伸び続けている。

「マスメディア4媒体」の危機、ラジオだけは安定

 電通の「日本の広告費(2015)」によると、2015年の総広告費は、前年比100.3%の6兆1,710億円である。その中のインターネット広告費は1兆1,594億円に上る。「マスメディア4媒体」の1つである新聞は、2009年にインターネットに追い越され、減少傾向にある。同じく雑誌も、年々減少していることが現状だ。

 柿尾氏は「テレビもいずれネットに抜かれる。」と言う。

 テレビの実態は、想像以上に深刻だ。まず、テレビ広告(CM)は、全体の18%しか放送することはできない。さらに、近頃はCMを視聴者が見ずに、CMが流れる間、スマートフォンを操作するケースが多く、CM効果も薄れつつ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。