Web担当者なら利用したい「Anatomy」に無料プラン

ECのミカタ編集部

悩めるWeb担当者を救う手立ては?

 Webマーケティング担当者と縁が深いGoogleAnalytics。実際に利用していると、解析結果とともに該当ページのURLしか表示されないため、実際のページのデザインやリンク位置などが確認できない。GoogleAnalyticsの解析画面と実際のWebページを行き来して分析している方も多いのではないだろうか。しかしこれでは効率が悪く、解析に時間がかかってしまう。忙しいWebマーケティング担当者にとって、いかに効率化し業務を進めていけるかは、永遠の課題であると思う。

 そんなWebマーケティング担当者の悩みを解決するツールがある。それが「Anatomy」である。「Anatomy」とは、株式会社シンメトリック(以下、シンメトリック)が提供しているサイト分析サービスだ。GoogleAnalyticsと連携させることで膨大なアクセス解析情報、リンク構造、各ページデザインなどを1画面内で簡潔することができる。そのため担当者は業務を効率化し、分析を行いやすい環境を手に入れることができるのだ。

 そして2016年10月25日に、悩めるWebマーケティング担当者を解決するツール「Anatomy」から無料で継続的に利用できるフリープランの提供が開始された。また、それに伴い新機能も2つ追加された。

2つの新機能

ダッシュボード

 2つの新機能が追加されたことにより、画面デザインを中心とした解析を「Anatomy」で、より細かい数値解析をGoogleAnalyticsで行うことが可能になった。新機能の詳細は以下の通りである。

ダッシュボード機能
 データが更新されたタイミングで、1週間の変化をサマリーしてレポートする

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/11802/