EC関連アプリの月間利用が2年で「1.2個増加」【ニールセン調べ】

福島 れい

フリマアプリ人気が、アプリ利用率を引上げ

 視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(以下、ニールセン)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル・ネットビュー)のデータをもとに、2016年7月のアプリケーション(以下、アプリ)の利用状況を分析し、結果を発表した。

 それによれば、スマートフォンから月に1回以上利用するアプリの個数は30個となり、2年前の27個から3個増加する結果となった。また、月に2回以上利用するアプリは22個、10回以上利用するアプリは12個とそれぞれ3個ずつ増加する結果となった。

 月に1回以上利用されているアプリのカテゴリーをみると、1位はゲームや動画を含む「エンターテイメント」、ついで「効率化/ツール」、「サーチ、ポータルとコミュニティ」となった。ほぼすべてのカテゴリーで微増となる中、4位の「E

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

福島 れい

ECのミカタ編集部に所属するバドミントンと和服、旅好きの記者、通称れーちゃん。ミニ特集「アパレルECの未来(https://goo.gl/uFvr2C)」等、これからEC業界がどんな風に発展していくのか。に注目しながら執筆しています。2017年の執筆テーマは、”私にしか書けない記事をタイムリーに”。

福島 れい の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。