2016年Google検索ランキング、1位に輝くワードとは【Google調べ】

ECのミカタ編集部

Googleが「2016年Google 検索ランキング」を発表した。このランキングでは、昨年と比較して検索量が上昇したワードが「急上昇ランキング」として、1年を通して検索数の多かったワードが「総合検索ランキング」としてリストアップされている。今年1番検索されたワードとは…?

「熊本地震」に対するECの動きに注目

 今年のトレンドを映す急上昇ランキングでは、幅広い年層から人気があり、社会現象にもなった「ポケモン go」 が1位となった。次いで、2位が日本代表を応援した「オリンピック」、3位が解散で話題を呼んだ「smap」が並んだ。

 話題のニュースでは、大きな被害をもたらした「熊本地震」が3位となった。「熊本地震」では、EC業界の各社が支援 をしていた。例えば、「Yahoo!基金」や「楽天クラッチ募金」など募金や、「LOHACO 応援ギフト便」といった生活物資を購入すると被災地に届くというサービスがあった。

 さらに、株式会社これからと株式会社E-Grant、ECのミカタ株式会社の3社で「EC業界から被災地に」というテーマのもと、 「熊本支援プロジェクト」を立ち上げた。このプロジェクトでは、全国のネットショップが「熊本支援」のバナーを購入できるようになっており、それを自らの店舗に貼ることで、想いをユーザーへ伝えることができる。

 こういったように、“ECならでは”の方法で熊本県の人々にエールを送ったのだ。

 様々な出来事があった今年だが、「熊本地震」や「オリンピック」など“人の温かさ”に触れることが多かった1年と言えるだろう。前述で紹介したように「熊本地震」では、ECに限らず、多数の人が募金を集めたり、必要な物資を熊本県に送ったりと、被災者を想い、支援をした。さらに、「オリンピック」では、多数の人が“1つ”となり、各競技の選手を応援し続けた。この応援が、数多くのメダルを獲得させたのだ。

 そういった出来事が「2016年Google 検索ランキング」に反映された。人が検索することは、話題性が高いものや興味・関心があるものがほとんどだ。それをヒントに商品開発をすることによって、人の目を引く商品を販売することができるのではないだろうか。その商品がGoogle検索に引っかかり、多数の人の目に触れれば、商品がヒットする可能性が高まり、売上が向上することだろう。

2016年Google検索ランキング一覧は次ページへ!

ランキング一覧

【急上昇ランキング】
1. ポケモン go
2. オリンピック
3. smap
4. トランプ
5. 熊本地震
6. 君の名は
7. シンゴジラ
8. ピコ太郎
9. 台風 10 号
10. iphone7

【話題のニュース】
1. ポケモン go
2. オリンピック
3. 熊本地震
4. 君の名は。
5. シンゴジラ
6. 台風 10 号
7. アメリカ大統領選
8. 都知事選
9. パナマ文書
10. eu 離脱

【総合ランキング「とは」】
1. サミット とは
2. うるう年 とは
3. レガシー とは
4. eu とは
5. tpp とは
6. 吃音 とは
7. マイナス金利 とは
8. パナマ文書 とは
9. iot とは
10. lgbt とは

急上昇ランキング一覧

【急上昇ランキング(話題の人 男性)】
1. smap
2. トランプ
3. ピコ太郎
4. 高畑裕太
5. 清原和博
6. ディーン フジオカ
7. 前田健
8. 星野源
9. 舛添要一
10. 川谷絵音

【急上昇ランキング(話題の人 女性)】
1. ベッキー
2. 小林麻央
3. 吉田沙保里
4. 小池百合子
5. 福原愛
6. 坂口杏里
7. 藤原さくら
8. 小林麻耶
9. 高畑淳子
10. 高樹沙耶

【急上昇ランキング(ドラマ)】
1. 好きな人がいること
2. 逃げるは恥だが役に立つ
3. 真田丸
4. 勇者ヨシヒコ
5. あさが来た
6. せいせいするほど愛してる
7. 砂の塔
8. ととねえちゃん
9. いつかこの恋を思い出してきっと泣 いてしまう
10. 不機嫌な果実

【急上昇ランキング(映画)】
1. 君の名は
2. シンゴジラ
3. ズートピア
4. 僕だけがいない街
5. デッドプール
6. 聲の形
7. ハイアンドロー
8. ゴーストバスターズ
9. この世界の片隅に
10. 植物図鑑

【急上昇ランキング(Japan)】
1. japan earthquake
2. obama apologizes to japan for hiroshima & nagasaki
3. pokemon go japan
4. bank of japan introduces negative interest rates
5. history of japan
6. cherry blossom japan 2017
7. modi japan
8. joanna lumley japan
9. japan weekend
10. japan snow monkeys

【急上昇ランキング(Tokyo)】
1. tokyo 2020
2. comiccon tokyo
3. tokyo toni
4. second hand tokyo
5. sumo wrestling practice tokyo
6. skytree tokyo
7. tokyo game show 2016
8. river tokyo
9. les délices de tokyo
10. winter in tokyo

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。