【まとめてみた】楽天2016年のビッグニュース

柏木 まなみ

楽天株式会社 上級執行役員 ECカンパニー シニアヴァイスプレジデント 河野 奈保氏

 2016年も残りわずかとなりました。振り返ってみると、様々なニュースが配信された1年でしたね。そこで楽天株式会社(以下、楽天)の注目すべき、ビッグニュースを振り返ってみました。

上半期(1月~6月)のビッグニュース

1月 SPUを開始(※スーパーポイントアッププログラム)
 楽天市場は、価値提供を強化するために「スーパーポイントアッププログラム」を開始した。楽天グループが提供するサービスの総合力を生かし、楽天市場以外にも各種サービスを利用することで、ポイント還元率が最大で7倍になるプログラムだ。これによりユーザーの生涯価値を向上させ、新規ユーザーや休眠ユーザーも取り込むことを目的としている。

2月 中期戦略「Vision 2020」を発表
 今年2月に行われた、楽天「平成27年12月期 決算短信」発表において、今後の中期戦略「Vision 2020」が公表された。そこでは大きく3つの指針に分けて、「strong」「smart」「speed」と掲げている。これらに絞ることによって、安定的な収益を持続できるビジネスを確立し、楽天がイノベーションできる土台を作り上げたいとしている。

詳しい指針の内容はこちら

4月19日 グループ内カンパニーの新体制発表
 新体制へ移行するにあたり、大きく分けて2つの目的を発表している。1つ目は、組織や人員配置を最適化することにより、グループ機能とカンパニー機能の役割、そして各カンパニー統括者のアカウンタビリティー(責務)を明確にしていくこと。2つ目は、13のカンパニーそれぞれが、顧客満足度を最大化する機動的なサービスの開発・提供だ。

13のカンパニー詳細はこちらから

4月25日 ドローンを活用した配送サービス「そら楽」を開始を発表
 楽天が発表したドローンを活用した一般消費者向けの配送サービス「そら楽(そららく)」の第一弾として、ゴルフ場で利用できるサービスをリリースした(開始は5月9日)。ゴルフ場のコースを周っているプレイヤーが、ゴルフ用品や軽食、飲み物が欲しいタイミングでスマートフォンのAndroid版専用アプリを使用し注文する。その後、コース内の受け取り所になんとドローンが商品を届けてくれるサービスだ。

詳しくはこちら

6月15日 楽天と中国大手ECサイト「Kaola.com」が戦略的提携契約を締結
 この締結契約により楽天は、楽天市場の旗艦店をHQG, Limitedが運営する越境ECサイト「Kaola.com」内に出店する。そして、日本の質の良いと言われる美容関連や健康食品などのジャンルをはじめとした人気商品を販売していく。そのため、楽天市場出店店舗はKaola.comを通して中国に進出し、中国の消費者に対して人気商品を販売する機会を得られるようになった。

契約内容の詳細はこちら

下半期のビッグニュースは次のページ

記者プロフィール

柏木 まなみ

サザンオールスターズを愛してやまない記者。特に好きな曲は・・・う~ん、決められない。梅干サワーとスモークタンが好きです。ネットで完結するECだけれども、その中にある人と人との温かさが素敵だな、と日々感じています。

柏木 まなみ の執筆記事