【比較してみた】楽天・ヤフーの年始商戦~2017年

ECのミカタ編集部

 年が明け、モール各社でも年始商戦で盛り上がっている。ECサイトも年始商戦のために、昨年から準備を行っていたのではないだろうか?今回は大手モールである楽天/ヤフーで開催されている「初売り・福袋特集」について調査し、比較した。

楽天市場とYahoo!ショッピング、戦略の違いとは?

各社の比較、詳細はこちらから(https://www.ecnomikata.com/knowhow/detail.php?id=12996

 上の表に、楽天市場とYahoo!ショッピングで開催されている「初売り・福袋特集」についてまとめた。ジャンルの詳細が知りたい方は、ぜひこちら(https://www.ecnomikata.com/knowhow/detail.php?id=12996)ダウンロードしていただきたい。

 楽天市場の特徴としては、初売り・福袋ともにジャンルを豊富に用意し、ユーザーの様々なニーズに対応している。特に福袋においては、特定の分野を指定したジャンル展開ではなく、「訳ありでお得な福袋」などといった感覚的に選べるものを多数用意している。そのため、ユーザーへ選ぶ楽しみを提供している。

 一方のYahoo!ショッピングは、シンプルなジャンル分けを重視している。そのため、購入したいものが明確になっているユーザーにとっては商品を選びやすい。福袋においては、大きく2ジャンルに分けたあと、細かい5ジャンルに分かれている。これもシンプルでわかりやすい作りだと言えるだろう。

 今回、Amazonは大規模な特集ページを開設していなかった(1月10日現在)。福袋というものは、店として売り切りたい商品を取り入れて、通常よりもお買い得にする。そして商品単体で販売するよりも価値を上げるものだ。よってAmazonのように商品単位をベースにしているサイトでは、福袋はあまり見られないだろう。ただ、アパレルジャンルなどにおいて福袋を展開している。そして、プライム会員が無料のお急ぎ便などを利用できる商品も多々ある。そのため、プライム会員にとっては2017年も変わらず嬉しい特典になるだろう。

 また、その他の施策として楽天市場は、「お笑い芸人新春ネタコンテスト」や「お年玉つき新春おみくじ&豪華初夢プレゼントキャンペーン」、「ポイント最大10倍」などのキャンペーンを行っている。芸人などともタイアップしたこれらのキャンペーン施策により、ユーザーを集客する狙いがあるのではないだろうか。

 Yahoo!ショッピングの施策としては、1月31日までYahoo!プレミアム会員に限りTポイント10倍という施策を行っている。Tポイントを貯めることができるTカードは、日本人の2人に1人が利用していると言われている。そのため、Yahoo!プレミアム会員になることでTポイントを効率的に貯めることができるのは、ユーザーにとってのヤフーの魅力の1つだろう。そして相対的にYahoo!ショッピングの利用も増加していくはずだ。

 各社が気合を入れて臨む年始商戦において、集客は重要な要素である。その中で楽天もヤフーも自社の特徴を出して、施策を打っていた。1年の始めに行われる年始商戦。今回の各社の戦略は、2017年の戦略にも大きな影響を及ぼすのだろうか。

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/12995/