2016年利用者が増えたSNSは?スマホECの拡大が明らかに【ジャストシステム調べ】

ECのミカタ編集部

 株式会社ジャストシステムが運営している「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」は、2016年1月~12月までの1年間の調査データをまとめて分析し直し、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2016年度総集編」として発表した。

約7割がスマホでECを楽しんでいるという結果に

 2016年は、パソコンからではなくスマートフォン(スマホ)からECを楽しむ傾向が高まった一年であった。というのも1月には、インターネットに接続する機器としてノートPCが63.4%であったのだが、12月になると57.8%にまで減少し、スマホが72.0%で追い上げた。

 スマホのキャリアのシェアについて、1月に34.7%で1位の座についていたNTTドコモだが、12月調査では31.3%を獲得したauに首位の座を譲る結果となった。ただ、auはシェアがほぼ横ばいであり、NTTドコモが減少、ソフトバンクが増加しているという背景がある。

 各社とも、ECに関係してくるポイント施策を活発的に取り入れているため、なかにはポイントを加味してスマホを選んでいるユーザーもいると考えると、キャリアのシェア率というのはEC事業者にとって関係のない話でもない。

 そして、スマホ自体の利用率について、2016年1月時点ではフィーチャーフォンが34.1%、スマホが60.5%となっていたが、12月にはフィーチャーフォンが23.4%、スマホが73.2%と、スマホの利用率が大きく増加した。特に、10代女性の92.0%、20~24歳女性の98.0%、25~29歳女性の92.0%がスマホを利用しているという結果もでている。

1年でSNSも変化が?最も利用率が伸びたのは「LINE」

 SNSで最も利用率の伸びが大きかったのは、1月の調査で記録した47.3%から12月には61.9%まで増加した「LINE」であった。また、1月の調査で「Instagram」は認知率が76.5%だったのに対し、12月の調査では89.5%にまで増加し、「Facebook」(96.4%)、「Twitter」(97.0%)「LINE」(97.0%)、「Youtube」(98.2%)の認知度に近づいてき

ECノウハウ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/13178/