寒波到来!Yahoo!ショッピングで最も売れた商品とは

ECのミカタ編集部

今年の1月に「最強寒波」が日本列島を襲い、1月14日、15日は各地で冬一番の寒さを記録した。そういった中、Yahoo!ショッピングでは「最強寒波」によりネット通販の売れ行き動向に変化が起きたのかを検証した。

防寒グッズや風邪薬、スキー関連商品の売上が好調

 寒波の影響で売れ行きが良かったアイテムは「家電」。主な家電は、「充電式カイロ」(490%)「パネルヒーター」(350%)「オイルヒーター」(240%)「ホットカーペット・マット」(150%)「温熱サポーター・パッド」(250%)である。こういった即効性のある暖房器具の売上が急増した。その他、暖房と一緒に使うと節約になることで有名な「扇風機」(210%)、1つの暖房を隣の部屋や玄関まで回遊できる「ドアストッパー」(13倍)が売れた。

 家の中で温かいものを調理する器具「ホットプレート」(290%)「グリル鍋」(310%)も増加した。その他「加湿器」(210%)「空気清浄機」(160%)「除湿機」(150%)など空調家電も好調であった。

 寝具では、「ベビー毛布」(700%)「タオルケット」(260%)「子供用寝具、布団」(180%)「こたつ布団」(290%)の売れ行きが良かった。さらに、女性用「はんてん、ちゃんちゃんこ」が21倍、男性用の「腹巻き」が15倍に売れ、防寒に最適なアイテムが売れる傾向にあった。

 風邪予防の商品にも顕著な動きが見られ、「鼻スプレー」(410%)「咳止め・去たん」(880%)が最も売れた。さらに、「蓄膿症の薬」に関しては30倍となった。その他、暖房による汗対策グッズ「冷却シート」(720%)「汗取りパッド」(630%)も好調だった。

 スキー・アウトドア関連グッズ「スキーセット」(920%)「グローブ」(380%)「帽子」(220%)「アウトドアヒーター」(230%)の売上も上昇していた。

寒波の時は家でのんびり過ごす傾向にある

 防寒商品だけでなく、意外な商品の売上も好調であった。例えば、「おふとん丸洗い」のレンタルサービスの売上が9.5倍となった。さらに、「ブルーレイ・DVDレコーダー」(600%)「スピーカー」(540%)「電子書籍レコーダー」(260%)「ホームシアタースピーカー」(200%)「クラシックのCD」(180%)「スポーツ・フィットネスのDVD」(210%)が売れた。また、家でのんびり過ごす時に必須アイテム「ゴロ寝クッション」は10倍となった。

 その他、ホームパーティーグッズ「パズル」(1320%)「手品」(270%)「カードゲーム」(270%)「ダーツ」(200%)「キャンドル」(270%)と家族や友達と楽しめるゲーム関連グッズの売上も好調であった。さらに、「寝袋」や「サバイバルシート」、「携帯トイレ」などの「緊急対策グッズ」(1500%)といった、緊急時に備えた商品も急増した。

 今回、ヤフーが「Yahoo!ショッピング」における、「最強寒波」における消費動向※2017年1月7日~8日、1月14日~16日の取扱高速報値 を寄せてくれた。これは、2017年1月度の中で、東京都の最高気温と最低気温において前年度との差が5度以上の日が上記期間であったため、当該期間の取扱高データを抽出して調査したものだ。極端な温度差が生まれる時には、それがECにどんな影響をもたらすのか、それをまとめたデータで、ECは、人とふれあう実感はないが、改めて、モニターの向こうには、人がいて、人を相手にしたものであることが、ここからも分かる。

※文中の%は前年同期比(前年を100%としたときの比較値)。数字は丸めている。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。