【まとめ】アパレルEC「サイズ問題」解消サービス

ECのミカタ編集部

現代、女性を中心にアパレルECサイトで洋服を購入する人が増加しつつある。少し前まで、「サイズが分からない」などのアパレルEC特有の課題があったが、各企業の様々なサービスにより、徐々に解消してきている。本記事では、そんな「サイズ解消サービス」を3つ紹介していく。

3つのサービス特徴まとめはこちら
https://goo.gl/e2DpNY

ECで洋服を選ぶ際は“サイズ感のコメント”を重視

 まず、アパレルECサイトで洋服を購入する際に“サイズ”を気にする人はどれくらい居るのだろうか。

 株式会社ジャストシステム(以下、ジャストシステム)が実施した「ファッション情報の収集に関する調査」によると、価格やデザイン以外に必ずチェックする情報に関しては、「サイズ感のコメント(例:普段Mサイズの私でゆったり着られる)」(58.8%)が最も多かった。次いで「サイズの詳細表記(身幅や丈など)」(56.6%)が続いた。要するに、“サイズ”を気にしながら洋服を選ぶ人が多いということだ。

「ファッション情報の収集に関する調査」の続きはこちらへ

サイズ問題を解消する3つのサービス

 アパレルECサイトで洋服を購入する際の悩みとして、「サイズが分からない」ということが挙げられるだろう。上記のジャストシステムが実施した調査結果のように、サイズに関するコメントや詳細表記を見ながら慎重に選んでいくものの、自分の身体にぴったりな洋服を選ぶことは難しい。その問題に対し、簡単な操作で解決に導き、かつ、洋服選びが楽しくなるようなサービスを3つ紹介する。

【SENSY】
 「SENSY」は、カラフル・ボード株式会社が提供しており、ユーザーの「感性」を学習する人工知能だ。その「感性」を基に、世界中のECサイトからユーザーに合ったアイテムやコーディネートを提案する。その他、欲しいアイテムの在庫がある近くの店舗を案内や、スタイリストによるおススメ記事の紹介などがSENSYの特性にある。

【サイズをチェック】
 「サイズをチェック」は、Virtusize株式会社が提供しており、ユーザーが以前購入した洋服や自身の手持ちの洋服と、ECサイトの洋服をイラストで重ね合わせてサイズを比較するサービスである。イラストで比較することにより、自分の身体にフィットするサイズを模索することができるようになることが魅力だ。

【unisize】
 「unisize」は、株式会社メイキップが提供しており、最短1分間の簡単なアンケートに答えるだけで、身体に合ったサイズを推奨してくれるサイズレコメンドエンジンである。また、国内外の洋服ブランドを対象としたサイズデータとユーザーの身体情報を基にサイズを推奨してくれるため、より自分のサイズに合う洋服を選ぶことができる。

この3つのサービスをまとめた表を以下からダウンロード
https://goo.gl/e2DpNY

楽しく洋服選びをできるようにサポート

 実店舗で洋服を購入する際は、実際に洋服を見て触れながら、または、試着をしながら自分の身体に合ったサイズを選んでいく。しかし、ECサイトではそういったことはできず、ぴったりなサイズを選ぶことに一苦労するユーザーも居ることだろう。そのときに、今回紹介した3つのサービスがサイズ選びをサポートしてくれ、ユーザーにぴったりな洋服を提案してくれるのだ。これにより、サイズ選びに対するストレスが解消され、EC上でより楽しい洋服選びが実現することだろう。

 アパレルECに限らず、EC利用者が増加するに連れて様々な問題が発生する。その問題に対し、今回の「サイズ解消サービス」のように少しずつ問題を解決することが、これまで以上に利便性を向上させ、ユーザーに“楽しいオンラインショッピング”を提供することができるのではないだろうか。

3つのサービス特徴まとめはこちら
https://goo.gl/e2DpNYg

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。