Amazonフレッシュ、日本上陸!生鮮食品が届く!

石郷“145”マナブ(編集長)

説明をするアマゾンジャパン Amazonフレッシュ事業本部 荒川みず恵さん

 「Amazonフレッシュ」がいよいよ日本にやって来た。アマゾンジャパン合同会社(以下、Amazon)が、本日よりAmazonプライム会員に対して「Amazonフレッシュ」を提供を開始した。「Amazonフレッシュ」とは、一言で言えば、新鮮で高品質な食料品を購入できるというもの。月額500円(税込)で、配送料も500円(税込)だが、6000円超えれば、配送料無料となる。

 今回リリースする「Amazonフレッシュ」は、野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品といった1万7000点以上の高品質な食料品を提供する。また、それだけでなく、キッチン用品、健康美容食品、ベビー用品などの日用品、雑貨も取り扱い、それらも含めると、10万点以上の商品を購入できるのだ。

 商品の中には、より専門性の高いものもあり、「専門店グルメ」として、人形町の今半の精肉、モンシェールで人気のロールケーキ「堂島ロール」の

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

ECのミカタ 編集長。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。