LINEで金融機関が変わる?三井住友FG、NTT Comで顧客対応の新世界

石郷“145”マナブ(編集長)

 かねてよりLINEは、人と人との間にリアルな会話に近い形で、コミュニケーションができるツールであると、当メディアでも話してきた。LINE@を導入し、企業がお客様とのコミュニケーションを、ライトに心地よく対応し、メールではなし得ない細かでより気持ちに近い応答をすることができた、といった事例の記憶も新しい。
 
 このやりとりは、テキストを使うため、それをビッグデータとして蓄積しやすい。こういう質問であれば、こう答えれば良いということを、データで蓄積すれば、AIなどを使うことで、人間に近いきめ細やかな対応を人間を使うことなく、できる。その意味で、顧客対応、コニュニケーションのあり方すらも変えてしまう可能性を持っているのがLINEなのである。

例えば、こんな記事「LINEがもたらす未来~ECはこんなに生まれ変わる~」

三井住友FG、SMBC日興証券がAIやLINEの可能性に注目している

 そのなかにあって、いよいよ銀行がうごきだした。株式会社三井住友フィナンシャルグループ(取締役社長グループCEO:國部 毅、以下「SMFG」)およびSMBC日興証券株式会社(取締役社長:清水 喜彦、以下「SMBC日興証券」)と、NTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:庄司 哲也、以下「NTT Com」)は、アクセンチュア株式会社(代表取締役社長:江川 昌史、以下「アクセンチュア」)の支援のもと、人工知能(AI)を活用した自動チャットサービス(以下「AIチャットボット」)を共同で開発すると発表した。また、その上で、5月25日よりSMBC日興証券のコンタクトセンターにて、これらを、LINE問い合わせサービスの拡充機能として提

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

メディア編集部 ゼネラルマネージャー。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。