それでも「送料無料」にこだわりますか?配送料に関する消費者の意識調査アンケート【ECのミカタリサーチ】

ECのミカタ編集部

2017年10月にヤマト運輸が配送料を値上げしたのと時を同じくしてZOZOTOWNが送料を自由化したことは記憶に新しいと思います。

従来の「一定金額以上で送料無料」から「送料を自由に決められる」としたことで大きな衝撃を与え、消費者のみならず業界関係者の関心を集めました。「一体お客様は送料に対してどんな値付けをするのだろう?」と。

結果として消費者が出した答えは全国平均で96円(2017年10月)。それをもとにZOZOTOWNは購入金額に関係なく送料を一律200円としました。

さて、ここで気づくことがあります。確かに送料200円と安くなったものの、全てに送料がつくことになったという点です。消費者が考える「送料として妥当だと思える価格」は示されましたが、「購入金額に関わらず一律送料がかかることを消費者は求めているのか」という問いには答えきれていません。

そこでECのミカタは敢えて問うてみたいと思います。「ある一定の金額であれば送料が無料となる方がいいのか」「安い金額だから購入金額にかかわらずその金額がかかってもいいのか」。

配送にかかるコストが高騰したことは大きなニュースとなり消費者の意識も高まりました。そうした中で、お客様がEC事業者に求めている「送料のあり方」に焦点を当ててみます。

「一定金額以上で送料無料」と「一律送料」どちらが人気?

Q1 「一定金額以上で送料無料」と「金額に関わらず一律送料」どちらが良いですか?

Q1 「一定金額以上で送料無料」と「金額に関わらず一律送料」どちらが良いですか?

<「一定金額以上で送料無料」を選んだ人のコメント>

・欲しいものをまとめて購入するいい機会になります。(富山県/女性/20歳)
・商品を購入するときの目安になるので便利だと思う(大阪府/男性/52歳)

<「金額に関わらず一律送料」を選んだ人のコメント>

・送料無料にするように、いらないものも買ってしまう。(神奈川県/女性/40歳)
・送料無料を狙って要らないものを購入して後悔することが多いので。(石川県/女性/62歳)

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
  • ECのミカタ編集部
  • |
  • 2017/12/18 16:18
  • 確かにご指摘の通りだと思いますので、修正します。
    宅配に関しては大きな課題ですし事業者も配送会社の方々もともに協力しあって、最適な環境を作れるよう、皆で考えていければ、と思っています。引き続きよろしくお願いします。
  • K
  • |
  • 2017/11/30 21:16
  • ぜひ、送料をお客様に「転嫁」という言葉は避けてほしいです。「お客様のご自宅に人間の労力とコストをかけて届ける」という価値の対価を正当に請求しているのですから。