複数ECサイトに一括出品 助ネコ商品登録なら最短3分!

ECのミカタ編集部 [PR]

http://ecnomikata.com/original_news/images/11597_thumbnail_apua_thumbnail.jpg 株式会社アクアリーフ 中富 結
前職では1日60点を出品する、アパレルのネットショップで商品登録を担当。その時のノウハウを活かし、現場の声を取り入れた「助ネコ商品登録」のリニューアルに携わる。

 「商品登録が終わらない!」とお困りではないだろうか? 1年に1度の年末商戦で売上を伸ばすためには手元の商品を残さず出品し、機会損失を生まないことが重要だ。最短3分で複数のECサイトに一括商品登録が完了する「助ネコ商品登録」について(株)アクアリーフ 助ネコ事業部 マーケティング営業部 中富 結氏に伺った。

新人にこそ、この体感を。肝心要を楽々乗り越える

 実は私、以前、アパレルショップの運営に関わっていた経験があるのです。そこで、ショップを経験している立場からすると、このネットショップでの商品登録は、考える以上に、手間がかかるという印象があります。例えば、どんなにアパレル販売の経験があった人で、仮に、感度が高かったとしても、この商品登録があるせいで、逃げ出してしまいます。

 でも、ECサイトでは避けては通れないんです。

 特に、アパレルショップでは、季節ごとにガラリと変わりますし、品揃えが重要。この避けては通れない商品登録が実は大きな要なので、一層、その必要性を感じる環境にいたわけです。だからこそ、私たちが提案する「助ネコ商品登録」により、その工数が減少することは、アパレルは勿論のこと、その他のジャンルにとっても、多かれ少なかれ、歓迎される自信があります。

その秘訣は2つの要素 実例で解き明かす 業務の変化

 私の例に置き換えたほうがわかりやすいと思いますので、あえて挙げると、当時、特に大変だったことは二つです。一つ目は、モールの管理画面に必要以上に入力項目があること。でも、必須項目はわずか。それに、店舗ごとに使う項目と使わない項目もあります。すると、必要な項目だけを正しく入力できるスタッフは限られます。その点、助ネコ商品登録は必要な項目だけを表示する機能を備え、入力時間を短縮、新人のスタッフさんもすぐに実務に入れます。

 二つ目は、一商品登録するにも、複数店舗の管理画面を操作するか、モールの仕様に合わせてCSVデータを作成する必要があること。画像はモ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/original_news/11597/