OEMで市場を独占せよ。Borderless Tradeなら取引も楽々

ECのミカタ編集部 [PR]

Borderless Trade株式会社 谷本慎吾氏

 OEMという言葉をご存知だろうか。OEMは企業のプライベートブランドとなるオリジナル 商品を製造することであり、年々、関心は高まってきているものの、様々なハードルから挫折してしまうEC企業が多い。しかし、EC企業がOEM商品をもてるというメリットは大きいという。今回、日本・中国間における商品制作代行事業を行うBorderless Trade株式会社(以下、Borderless Trade)谷本慎吾氏にお話を伺った。

なぜ今OEM?EC企業がOEM商品に挑戦すべき理由

 OEMには、EC企業が注目すべき理由がある。それは、他社との圧倒的な差別化・自社ブランドの構築ができることだ。特に競争が激化しているEC業界では、自社のみのブランド=“プライベートブランド(PB)”で勝負していけることは強みになる。

 また、OEM商品はオリジナルであるために廃盤や品切れの心配がなく、工場に材料がある限り自社のペースで商品を仕入れることができるため、売上を伸ばすタイミングを逃さずに済むというのもEC企業にとっては大きい。

 OEM商品の製造には、世界の工場ともいわれる中国の工場が最も適していると言われている。それはコストが安いというメリットはもちろんのこと、完成した商品の質が良いことや素材が揃っているためだ。しかしこれまで、オリジナル商品を作るには言語や国民性の違いなどを課題とした“中国の壁”があるために、日本のEC企業はOEMになかなか踏み切れていなかった。

 そこでBorderless Tradeは、中国の工場とEC企業の間に入り、“中国の壁”を感じさせない徹底的なサポートを実現している。例えば、自社ではなかなか難しい中国工場とのコミュニケーションも、Borderless Tradeであれば中国の国民性も言語も理解しているため、EC企業が望む商品のデザインを細かく先方に伝え、企業が思い描いた通りのOEM商品を作ることができる。

 そして、Borderless Tradeは日本・中国の両国に事務所を構えているため、OEM商品の仕様の確認を対面で行える。なにより日本人スタッフが対応するので、安心して依頼できるのではないだろうか。このように、日本と中国に事務所を持ち、日本人スタッフによって中国の工場へと商品イメージなどの情報を伝えられる流れを実現できるのはBorderless Tradeだけだ。

OEMに挑戦するEC企業が絶対に手を抜いてはいけないこと

 実際にBorderless TradeにOEM商品の制作代行を依頼するとなると、どのような流れで作業が進み、どれほどの時間を要するのだろうか。

 まずBorderless Tradeがロット数や単価などのEC企業の要望を聞き、中国の広州にある無数の工場の中から規模や安全性などを考慮してEC企業に最適な工場を探し出す。Borderless Tradeが提示した工場などの条件にEC企業が納得した段階で見積書を作成し、商品のデザインを確認しながらサンプルを作成するのだが、EC企業にとってはここまでの前段階が商品の出来を左右する非常に重要な作業なのだ。

 Borderless Tradeは日本に事務所をもつからこそ、こうした細かい確認や何度も調整が必要な作業にもすぐに対応することができる。サンプルを作成し、微調整を加え、最終調整が完了すると、およそ1ヶ月~2ヶ月ほどでEC企業が指定した場所へ納品できる状態となる。

 こうした一連の流れの中でEC企業が絶対にすべきこととしては、「OEM商品のデザインをしっかりと考え、伝えること」

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。