OEMで市場を独占せよ。Borderless Tradeなら取引も楽々

だて まいこ [PR]

Borderless Trade株式会社 谷本慎吾氏

 OEMという言葉をご存知だろうか。OEMは企業のプライベートブランドとなるオリジナル 商品を製造することであり、年々、関心は高まってきているものの、様々なハードルから挫折してしまうEC企業が多い。しかし、EC企業がOEM商品をもてるというメリットは大きいという。今回、日本・中国間における商品制作代行事業を行うBorderless Trade株式会社(以下、Borderless Trade)谷本慎吾氏にお話を伺った。

なぜ今OEM?EC企業がOEM商品に挑戦すべき理由

 OEMには、EC企業が注目すべき理由がある。それは、他社との圧倒的な差別化・自社ブランドの構築ができることだ。特に競争が激化しているEC業界では、自社のみのブランド=“プライベートブランド(PB)”で勝負していけることは強みになる。

 また、OEM商品はオリジナルであるために廃盤や品切れの心配がなく、工場に材料がある限り自社のペースで商品を仕入れることができるため、売上を伸ばすタイミングを逃さずに済むというのもEC企業にとっては大きい。

 OEM商品の製造には、世界の工場ともいわれる中国の工場が最も適していると言われている。それはコストが安いというメリットはもちろんのこと、完成した商品の質が良いことや素材が揃っているためだ。しかしこれまで、オリジナル商品を作るには言語や国民性の違いなどを課題とした“中国の壁”があるために、日本のEC企業はOEMになかなか踏み切れていなかった。

 そこでBorderless Tradeは、中国の工場とEC企業の間に入り、“中国の壁”を感じさせない徹底的なサポートを実現している。例えば、自社ではなかなか難しい中国工場とのコミュニケーションも、Borderless Tradeであれば中国の国民性も言語も理解しているため、EC企業が望む商品のデザインを細かく先方に伝え、企業が思い描いた通りのOEM商品を作ることができる。

 そして、Borderless Tradeは日本・中国の両国に事務所を構えているため、OEM商品の仕様の確認を対面で行える。なにより日本人スタッフが対応するので、安心して依頼できるのではないだろうか。このように、日本と中国に事務所を持ち、日本人スタッフによって中国の工場へと商品イメージなどの情報を伝えられる流れを実現できるのはBorderless Tradeだけだ。

OEMに挑戦するEC企業が絶対に手を抜いてはいけないこと

 実際にBorderless TradeにOEM商品の制作代行を依頼するとなると、どのような流れで作業が進み、どれほどの時間を要するのだろうか。

 まずBorderless Tradeがロット数や単価などのEC企業の要望を聞き、中国の広州にある無数の工場の中から規模や安全性などを考慮してEC企業に最適な工場を探し出す。Borderless Tradeが提示した工場などの条件にEC企業が納得した段階で見積書を作成し、商品のデザインを確認しながらサンプルを作成するのだが、EC企業にとってはここまでの前段階が商品の出来を左右する非常に重要な作業なのだ。

 Borderless Tradeは日本に事務所をもつからこそ、こうした細かい確認や何度も調整が必要な作業にもすぐに対応することができる。サンプルを作成し、微調整を加え、最終調整が完了すると、およそ1ヶ月~2ヶ月ほどでEC企業が指定した場所へ納品できる状態となる。

 こうした一連の流れの中でEC企業が絶対にすべきこととしては、「OEM商品のデザインをしっかりと考え、伝えること」だ。OEM商品制作の依頼では、意外にも商品イメージが固まっていないEC企業が多いのだとか。国を越えたコミュニケーションであるからこそ、しっかりとこだわりを伝えることが必要なのだろう。

 「いくら中国工場の質が良くても、しっかりと用件を伝えなければ色も形も異なるものが出来上がってしまいます。日本企業が直接中国企業と片言の外国語で取引をして完成した商品が、もしも希望通りの商品ではなかった場合、日本へと大量発注してしまってからではもう手遅れですよね。また工場で商品を作りなおすとなれば、もう1度大量の商品を中国へと返送しなければならないので、時間もコストも倍以上かかってしまいます。それで、“やっぱりOEMは難しいね”と思われてしまうのは非常にもったいないです。Borderless Tradeが間に入って取引を行えば、日本へと商品を納品する前に、中国にあるBorderless Tradeの倉庫で商品を確認することができます。」

 Borderless Tradeがこうした柔軟な対応を行えるのも、中国の工場との信頼関係があってのことだ。

中国工場とBorderless Tradeの信頼関係の秘密

Borderless Trade株式会社 谷本慎吾氏

 中国の国民は、信頼関係を築くなかで「尊重」するという姿勢を大切にしており、仲良くなった相手に対しては親身になって接するといった国民性を持っている。なので、ビジネスだからと高圧的な態度をとる、しつこい値引きをするなど、ただお金だけの関係でいると中国側から関係を切られてしまうこともあるのだとか。

 Borderless Tradeはそうした中国の国民性も理解し、細かい気配りを欠かさないことで日本と中国をつないでいる。中国工場を尊重し、仲良くなる術を持っているからこそ、他社にはできない非常に優位な条件での取引を可能にしているのだ。

 そして、Borderless Tradeも企業として「尊重」という姿勢を意識しており、EC企業とお互いにとって良い関係性を築いていけるよう親身になった相談や対応を行っている。

 「お客様であるEC企業の要望が間違った方向へ進めば、的確なアドバイスで最善の施策を提示する。」このような対応を行えるのには、Borderless Tradeが実際にECサイトで商品の販売を行っているという経験も関係している。

EC経験者だからこそできるBorderless Tradeの手厚いサポート

 Borderless Tradeは実際に「楽天市場」や「Amazonマーケットプレイス」に商品を出品しており、EC企業が何を知らなくてどのような材料が欲しいかなどを、いちEC事業者として理解している。

 だからこそ、EC企業はその都度細かいことを伝える必要がなく、Borderless TradeはOEM商品を販売するためにどのようにすれば良いかを最大限に理解して、最適なタイミングでサービスやアドバイスを提供することができる。

 例えばBorderless Tradeは、モールのランキング上位に位置する商品の特徴などを把握しているため、EC企業からOEM商品のデザインをヒヤリングしながら人気商品の傾向などをアドバイスできたり、OEMに関することだけではないモールの管理画面の使い方や発送作業などもサポートできる。なので、小規模のEC企業であっても安心して任せることができるのではないだろうか。

 「自社で工場を持っているような大手企業様でさえも中国で結局失敗してしまい、Borderless Tradeにお問い合わせをくださるというようなこともあります。自社で工場を運営するとそれだけコストもかかりますし、そうであれば手間もかからずリスクもないBorderless Tradeに依頼される方が良いという判断なのでしょう。実際にBorderless Tradeであれば、何か問題が起きた場合でも双方の事務所に日本人スタッフがいるため、すぐに中国にて解決することができます。こういったサポートは、ただOEM商品だけを作っている会社にはできないことです。

 今後は、“日本のOEM=Borderless Trade”と、世間に認識していただけるレベルになりたいです。これから益々OEMに目を付ける企業が増えてくるでしょう。OEMは早い者勝ちです。一足先に抜けましょう。」

 EC企業が成功していくためにはいくつかのパターンがある。OEMに挑戦するというのも、成功パターンの一つといえるだろう。しかしただ闇雲に挑戦するのではなく、そのための良いパートナーを選択するというのも成功への近道だ。もしあなたがOEMを検討しているのであれば、Borderless Tradeに問い合わせてみてはいかがだろうか。世界でたった一つ、自社だけのブランドで市場を独占しよう。

記者プロフィール

だて まいこ

横浜大好きハマっ子記者。学生の頃、恩師に文章で感動を伝えることの楽しさを教えてもらい記者を志すことに。夏は音楽フェス、冬は高校サッカー観戦、雨の日はお家で映画を観てます。正しい情報を正しく発信し、ECの力になるニュースを届けます。

だて まいこ の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。