レスポンシブECサイトなら「aishipR」Amazon Pay連携で最大限の効果を

ECのミカタ編集部 [PR]

株式会社ロックウェーブ 代表取締役 岩波 裕之氏
 同志社大卒業、トヨタ自動車・セブン-イレブン・ジャパンを経て、中小企業が容易にネット通販で繁栄できる仕組みを作るという思いでロックウェーブ創業。多数のモバイル・レスポンシブECサイト支援に取り組む。

 ECの利用端末が多様化する中で対策を迷っている事業者は多い。世界的なインターネット利用の流れを見てみると、モバイル対応はもちろんだが、今後はレスポンシブWEBデザインが必要になりそうだ。レスポンシブ特化の唯一のASP「aishipR(アイシップ・アール)」を提供する、(株)ロックウェーブ 代表取締役 岩波 裕之氏にお話を伺った。

モバイル対応に一番重要なこと

 ECサイトの利用端末は、2015年にモバイルがPCを逆転し、今では6割程となっています。Googleも、モバイルファーストインデックスの導入を発表しました。こういった市場の状況があるにも関わらず、EC事業者様のモバイル対応に対する意識は、まだ低いところがあると思います。モバイル対応のために重要なことは、まず「意識」です。今や多くのお客様がモバイルを中心にコミュニケーションをするという意識を持てば、サイトのUXも、CRMも、コミュニケーションも、場合によっては製品さえも、それを作るプロセスが変わってくるはずです。ページの検証も、画像の確認も、PCより先にまずスマートフォンで検証するという、これまでやってきたことを変える必要があります。意識が変わらずに、小手先だけのノウハウでモバイル対応を行っても、うまくいきません。

 また、注意が必要なのが、自社のお客様の利用端末の割合を調べる時に、注文時の比率は見ているがサイト訪問時の比率は見ていないという場合です。訪問時と注文時の利用端末の比率というのは、通常、おおよそ同比率になるものですが、訪問時はモバイル利用率が高く注文時はその比率が下がる場合は、サイトを訪問したお客様が、モバイル対応が行われていないために離脱している可能性が非常に高いです。この点に気づかず、注文時のモバイル利用率が低いため、モバイル対応は必要ないという判断をされているEC事業者様も珍しくありません。実際、弊社にお問い合わせいただいた事業者様でも、6~7割の方が、モバイル利用の比率が事業者様の感覚とずれている傾向にあります。

モバイル対応でも不十分 今はレスポンシブが必須

 弊社は、2005年の創業時から、インターネット利用はいずれモバイル端末が中心になる、EC市場もモバイル中心の市場になると考えていました。そのきっかけは、創業当時、塾でアルバイトをしていたことがあるのですが、その時の教え子に、「先生、インターネットってPCでもできるの?」と訊かれたことです。それまでの世代はインターネットといえばPCでやるものという意識でしたが、これからの世代はインターネットといえばモバイルなのだと気付きました。当時はまだガラケーが主流の時代でしたが、いつかECの利用もモバイルが中心になった時に、EC事業者様の役に立つプラットフォームを作ろうと考えたことが、「aishipR」開

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。