アーリーステージのECショップ支援を通じて、EC市場を30兆円にする。PRECS岸田氏の思いを訊く。

ECのミカタ編集部 [PR]

先日(4月25日)発表された経済産業省の「平成28年度電子商取引に関する市場調査」によれば、日本国内における平成28年のBtoC-ECの市場規模は約15.1兆円となった。このEC市場を30兆円規模に拡大すべく、アーリーステージのECショップ支援に積極的に取り組んでいる企業がある。単品通販・定期購入に特化したショッピングカートシステム『リピスト』を展開する株式会社PRECS(以下、プレックス)だ。同社のASP事業部統括マネージャー 岸田 隆氏にお話を伺った。

ECショップに“売れる”仕組みを提供することで、30兆円市場創出を目指す背景とは

 急成長を遂げるEC市場には、新規参入するECショップが後を絶たない。もちろん、大きな資本を背景に大々的に新規参入する企業もあるにはあるが、多くは小規模の事業者だ。必ずしも潤沢な資金があるわけでもなく、少ないリソースを効率的に活用して新規参入を果たし、事業を成長させようとがんばる小規模のECショップの場合は、仕組みづくりにかける費用や広告予算などをミニマムに抑えたロースタートになるケースが多い。
 プレックスでは、こうしたロースタートのECショップを強力に支援して、年商30億円規模のECショップへと成長させるべく、事業を展開している。そのための武器となるのが、単品通販・定期購入に特化したカートシステム『リピスト』だ。
 現在400社ほどが導入している『リピスト』だが、「約15%程度のECショップ様が短期間に年商1億円のステージに到達しており、年商10億円超にまで成長したECショップ様も10社を下りません。ゼロスタートで、わずか1年に10億円規模に至ったECショップ様もありますし、数年で売上高40億円に至ったECショップ様もあります」と岸田氏は言う。
 なぜ、これほどの急成長が可能になるのか。「もちろん、そのECショッブ様の優れた商品力や広告宣伝力といったECショップ様自体がもつ優位性が成長のキー・ファクターなのですが、そこに『リピスト』がもつ“売れる”仕組みが組み合わさることで、着実な成長につながるのだと思います。」と岸田氏は自信をのぞかせる。
 EC市場は増々拡大する傾向にあるが、プレックスが目指すのはEC市場を現状のほぼ倍の30兆円市場に押し上げることだという。
「ネットの進化とEC業界の成長基調に鑑みれば、30兆円という市場規模は決して不可能ではないと考えています。しかしそのためには、新規参入がどんどん増えて、それらの新興ECショップが着実に成長していくことが重要です。私たちは、得意分野である“アーリーステージのECショップ支援”を通じて、その実現に寄与したいと考えています。」
現に、短期間で急成長を遂げ、40億円規模に至るECショップを支援してきたという実績に裏打ちされた、岸田氏の自信が垣間見える。

リピストの詳細資料はこちらから

商品ページ(LP)一体型申込フォームとEFO。2つの強みで多数の成功企業を輩出する

 『リピスト』は、その前身であるハイスペック型の「PRECS」のシステムをベースとして、単品通販・定期購入に必要な機能だけに絞ることで、リーズナブルでありながらも、“売れる”仕組み満載のカートシステムとして市場に投入された。
 数ある標準機能の中でも、特筆すべき機能のひとつは、コンバージョン率をアップさせる「商品ページ(LP)一体型申込フォーム」だろう。
 「ECショップ様にとって、最も大切なことは売上を作ることに他なりません。アーリーステージのECショップ様であれば、なおさらです。そして、売上を伸ばすために注視すべき指標はコンバージョン率です。商品ページできちんと商品をアピールし、確実に購入につなげる、つまり

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/original_news/14326/