2017年01月31日(火)15時49分

GAPがオンラインショッピングサイト「ZOZOTOWN」にオープン

1969年にアメリカ・サンフランシスコで創業以来、世界的なカジュアルファッションブランドとして、常にモダンなアメリカンカジュアルを提案し続けるGap。

Gapは、株式会社スタートトゥデイが運営するアパレルオンラインショッピングサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」に、2017年1月26日(木)より新店をオープンしました。

日本初のECモール出店に関して、ギャップジャパン株式会社の代表取締役社長 Steven Sare(スティーブン・セア)は、「Gap Japanとして新しくショッピングを楽しめる場を提供出来ればと思っています。また、新しいカスタマーにとって魅力的なショッピングの機会に繋がることを願っています。」 と述べています。

Gapとして、日本では初となるECモールへの出店第一弾は、ウィメンズとベビーの商品販売からスタート、今後他カテゴリーの拡充を予定しています。

Gapについて:
Gapは世界で最もアイコニックなアパレル、アクセサリーブランドであり、アメリカンカジュアルスタイルのオーソリティです。1969年、サンフランシスコで生まれたGapのコレクションは、全てのデニム、クラシックなホワイトシャツ、カーキ、そして必須のトレンドアイテムまで幅広く展開し、モダンなワードローブの基礎を築くためにデザインされています。1987年、ロンドンを皮切りに海外進出を開始して以来、Gapはオンラインおよび直営とフランチャイズ合わせて1,700以上の世界中のストアでカスタマーと関わり続けています。Gapではウィメンズ、メンズのアパレルとアクセサリー、GapKids、babyGap GapMaternity、GapBody、GapFitといったコレクションを展開しています。Gapブランドはまた、Gap OutletとGap Factory Storeのために特別にデザインされたコレクションを価格重視のカスタマーに向けて提供しています。GapはGap、Banana Republic、Old Navy、 Athleta、Intermixを傘下に持つ世界有数の専門小売企業、Gap Inc. (NYSE: GPS) の社名を冠したブランドです。