イベント・セミナー イベント・セミナー

2017年04月12日(水)東京都開催

【4月12日無料開催】中国巨大モールJD.COM活用から本格参入に必要なポイント&出店相談会

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
イベント・セミナー
    日時  2017年4月12日(水)13:00~14:30(受付開始12:40)
    会場  株式会社いつも. 東京オフィスセミナールーム
東京都港区六本木7丁目15-7 新六本木ビル6階
(6階セミナールームに直接お越しください)
http://itsumo365.co.jp/company/map.html#newOfficeAdd

[アクセス]
・東京メトロ日比谷線:六本木駅 4b出口(徒歩1分)
・都営大江戸線:六本木駅 4b出口(徒歩1分)
  主催企業  株式会社いつも.
  参加費用  無料
    定員  40名
  申込期限  2017年04月11日(火)
 主な対象者  大手メーカー、大手卸企業、大手流通企業 中国や海外でも有名商品・ブランドを持つ企業 訪日客の来店が多く中国人の消費がある企業 中国の巨大モールに出店を検討している企業
    備考  ※最新ノウハウも公開するため、弊社と同業の下記の企業様の参加はお断りしています。
 ・ウェブマーケティング、IT系コンサルティング、広告代理店
 ・自社で運営されないネットショップの制作・運営代行・通販コールセンターをされている企業様
 ・自社でネットショップを運営されていても、サイト上などにて弊社と同業の事業内容を明記している企業様
 御社がサイト上に公開している情報で判断させていただいております。
※参加者様は、受付にて名刺を一枚頂戴しております。
※最少人数に満たない場合は中止となります。中止の場合は1週間前までには連絡させていただきます。
 中止の場合は、事前にご自身で手配された交通費等の負担は致しかねますのであらかじめご了承ください。

セミナー詳細

2017年は「JD.COM」活用で中国向け越境ECに本格参入を!

【特別ゲスト登壇】
JD.COM 「JD Worldwide」 ビジネス開発マネジャー



▼数年以内に200兆円規模になる中国のEC市場は外せない状況に

中国のEC市場は間もなく100兆円規模に成長し、数年後には200兆円を突破するという予測も出ています。今や米国を抜き世界第1位。

これは日本の約8倍の規模です。特に注目すべきは、中国の小売市場に占めるECの比率は20%に達し、数年後には30%を超えるという状況を見ると、いかにネットで商品を購入するということが定着しているかが分かります。

また、その成長を支えるためのECシステムや物流などのインフラが整っている事実も見逃せない状況となっております。

2017年は、中長期視点で中国2大モール本格参入する企業が増えること間違いない状況です。日本のEC市場において「中国向け越境ECブーム」が起き始めてからおよそ1年半がたちます。ここ6カ月くらいでトレンドに変化も出てきております。

以前は、「中国EC市場はどのような状況か知りたい」「とりあえず越境ECで中国市場で試してみたい」という問合せが多かったのですが、最近は、中国EC市場の状況をおよそ理解しながら「本格的に参入したい」という問合せに変化している状況となります。


▼毎年成長する越境モール「JD Worldwide」活用は必須に

本セミナー&出店相談会では、中国EC市場で成長し続け「消費者からの信頼感が高く」「越境ECにも積極的」な
JD.COMとの強固な連携をすることで、「JD Worldwide」(越境モード)に、中国でも有名な商品を持つ企業様や日本でも知名度の高い「ブランド」を持つ企業様の参入を事前調査、構築、運営、物流までトータルにサポートできる体制や事例についてお伝えします。

本セミナーでは、JD.COMのJD Worldwide ビジネス開発マネジャーを特別ゲストとしてお迎えして、JD Worldwideの活用ポイント・最新事例を交えて本格参入に必要な準備についてお伝えいたします。


▼中国モール向け越境EC本格参入を検討する企業の課題

1. 最新の中国巨大モール「JD.COM」の状況を確認したい
2. いろいろな出店・出品モデルがありどれを選べば良いかわからない
3. 売上実績・販売傾向情報が少なく、事業計画の作成ができない
4. 中国越境ECの税制や物流への対応方法がわからない。

上記を解決するためには、中国モール「JD.COM」の最新動向とJDのサポートが必須となります。


▼JD Worldwide(越境)出店セミナーでお伝えするトピックス

・中国EC市場の動向と「JD.COM」の成長は?
・「JD.COM」が進めるEC拡大戦略・サポート体制は?
・巨大モールを活用した中国越境EC参入モデルは?
・中国越境ECを目指す日本企業の課題と対処ポイントは?
・「JD.COM」の戦略、日本企業のサポート強化内容は?
・「JD Worldwide」越境出店までの流れと準備することは?
・越境ECを実現する物流モデルは?
・【速報】「JD Worldwide」出店企業の参入事例は?

※セミナー後、特別ゲスト講師のJD.COM 「JD Worldwide」 ビジネス開発マネジャーを含めた個別出店相談会も実施いたします。


■主な対象
<メーカー、訪日客が来店する企業、中国で知名度のある商品をお持ちの企業様>
(※重要)今回の説明会の対象は
・大手メーカー、大手卸企業、大手流通企業の方
・中国や海外でも有名商品・ブランドを持つ企業の方
・訪日客の来店が多く、中国人の消費がある企業の方
の中で、2017年に中国の巨大モールに出店を検討している企業様向けとなります。

■セミナー名
中国巨大モールJD.COM活用セミナー&出店相談会


■内容
<第1部>
中国成長モール「JD.COM」で越境EC参入を
JD.COMの状況と日本企業へのサポート体制

特別ゲスト講師
JD.COM 「JD Worldwide」 ビジネス開発マネジャー
郭 季柔(カク キジュウ)氏


<第2部>
中国巨大越境モールで「JD Worldwide」で中国市場開拓へ
【初公開】先行して出店している企業の戦略から売上事例を紹介

・2020年に向けたEC成長戦略に必要なこと
・中国巨大モールで売上拡大に必要なこと
・【速報】先行進出企業の出店モデルと取り組み事例
・JD Worldwide出店・運営の流れとサポート体制
・出店検討企業からよくある質問と対処ポイント
・出店前調査、収支計画サポート事例

講師
株式会社いつも.
グローバルEC事業部 部長

<第3部>
ヤマトグローバルロジスティクスが全面サポート
「JD Worldwide」活用の越境EC物流サービス

・JD Worldwide向け越境EC物流モデル
・ヤマトの中国向け越境ECをサポートするサービス概要

講師
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社

<セミナー後>
JD Worldwide本格参入個別相談会
ゲスト講師のJD.COM 「JD Worldwide」 ビジネス開発マネジャーとの情報交換も可能です。


■ご注意
※最新ノウハウも公開するため、弊社と同業の下記の企業様の参加はお断りしています。
・ウェブマーケティング、IT系コンサルティング、広告代理店
・自社で運営されないネットショップの制作・運営代行・通販コールセンターをされている企業様
・自社でネットショップを運営されていても、サイト上などにて弊社と同業の事業内容を明記している企業様
御社がサイト上に公開している情報で判断させていただいております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録