11月11日「独身の日」結果発表!日本が堂々の1位に

ECのミカタ編集部

先週の金曜日11月11日は「独身の日」。中国はもちろん日本でもEC業界が多いに盛り上がる1日となったが、最終的にどのくらいの売上になったのだろうか。

全体の約82%がモバイルから購入

 アリババグループが主催する「2016 11.11 Global Shopping Festival」は11月11日0時よりスタートし、24時間で流通総額は1,207億元、前年比約32%増の過去最高記録を達成した。モバイル端末経由の流通総額は約989億元であり、全体の約82%を占めた。また、総オーダー数は6.57億回、決済取引数は10億回でいずれも過去最高記録となった。

 Tmall全体としては、今年はアパレルやコスメ、電化製品、スマートフォン、食品のカテゴリーで高い流通額を記録した。特に電化製品カテゴリーはイベント開始直後2時間で、2,000社のブランドが昨年の「11.11 Global Shopping Festival」の売上を更新した。

 また、Tmallに出店している94ブランドが1億元以上の売上げを突破しており、その中でも日本のユニクロは開始後2分53秒で1億元を突破し、今年最速で1億元を突破したブランドとなった。さらに、越境ECにおける国別流通総額では、昨年2位だった日本が昨年1位のアメリカを抑え、今年の1位を獲得した。日本の人気ブランドは以下の通りだ。

【日本の人気ブランド】
1位:ユニクロ
2位:パナソニック
3位:シャープ
4位:ソニー
5位:SK-Ⅱ

20年後にはネット上に新たな経済圏が完成する予定

アリババグループ会長 ジャック・マー氏

 アリババグループ会長のジャック・マー氏は以下のように感想を述べた。
 「今年は、社内においても、対外的にも、流通総額の数字を追い求めることを目標としておらず、いかに良質でエンターテインメント性のあるショッピング体験を提供するかということに注力をしてきました。今年の順調な数字の伸びは、昨年よ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。