歓喜の涙に胸熱く!GMOペパボが「カラーミーショップ大賞」開催。今年の頂点は?

石郷“145”マナブ(編集長)

 グッと胸が熱くなり、会場で涙腺が緩んだ。GMOペパボ株式会社が主催する「カラーミーショップ大賞」が、セルリアンタワー東急ホテルで開催され、カラーミーショップを利用する全国のネットショップの中から優秀な店舗が表彰されたのだ。

 同大賞への応募は、誰にでもその門戸が開かれていて、ショップはエントリーをすると、公正な審査の後に、この「カラーミーショップ大賞」の中で表彰されることとなり、自分たちの日頃、店舗運営にかける想いがここである意味、結実する。年一回の開催で、賞の中身は「大賞」、「優秀賞」、「特別賞」、「ジャンル賞」、「日本文化奨励賞」、「地域賞」といった具合で、バラエティにとんでいて、カラーミーショップの幅の広さをうかがい知れる。

カラーミーショップの魅力とは?

 思うに、僕の中では、カラーミーショップというと、とりわけ商品への思い入れが強い運営者が多いイメージがあって、それは、事業の大小を問わず、そのオリジナリティを追求できる仕様と、誰でも取り組める間口の広さが理由だと思っている。

 本来、ネットに縁もゆかりもなかったはずの人たちが、カラーミーショップを通して、自分たちの持つ潜在的可能性に気づき、個性を放ち続けていることも

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

メディア編集部 ゼネラルマネージャー。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。