勘違いしてない?外注選びの秘訣 逸見氏と川添氏対談(後編)

石郷“145”マナブ(編集長)

メガネスーパーの川添隆さん(左)カメラのキタムラの逸見 光次郎さん(右)

 ネット通販をやるにしても、どんな心構えでいればいいのか。今こそ、基本に立ち返る。ということで、講演などでもお馴染みのEC業界での人気者、カメラのキタムラの逸見 光次郎さんとメガネスーパーの川添隆さんを編集部に招いた。そして「ネット通販(=EC)で仕事する上で一番大事なこと」をテーマに対談を試みた。今回は、その続きだ。
(前回のラストは…)実店とECと小売両方をやっていると、その本質が見えずにECを特殊な事だと思われている。でも・・!そんな話から入る。
■ちなみに、反響の大きかった前回はこちら http://bit.ly/1s9CqmD

細部に右往左往するのではなく、本質を掴む

川添 そうだと思います。特殊なことって言えば、ECって「なんか楽している」と思われる傾向があります。楽して売れていて、また注文が入ってて、接客もしないで、ものが売れているみたいな感じ。でもそれを売るには、膨大な商品マスタを作成し、日々メンテナンスをしたりして、マーケティングの施策を打ったり、結果を見たりだとかじゃないですか。

逸見 ECこそ、意外とアナログな作業の積み重ねなんですよね。自分も店に立っていたから話しちゃいますけど、店って作業が多いんですよね。でも、作業って言っているものの、大半は接客だったり、レジでの待ち時間だったり、それで何かをやっているとかで、8割くらいはそうなんですよね。それで、残り2割で考えたり、何かしたりする。でも、実際、その8割のが長いわけです。考えてみてください。ECって1日8時間働いたとすると、待ちってあまりないんです。商品マスタを登録する、更新かける、画面メンテナンスをする、販促を何か打つ、その前月分の結果をまとめる、そのレポートを作成して報告書としてまとめる、と、みっちり8時間そういうことに費やすわけです。つまり、全く違う仕事をしているのは事実なんですが、やっていることは「お客様に商品を売っている」。そこは全く同じなんです。ただそれだけ。

石郷 シンプルに、考えていくことって大事ですね。まさに本質をつかむ。

逸見 そうなんです。やっぱり、ECをやるなら、商売をわかっている人の方がいいですよね。仕組みとかシステムを作る人を呼び込むことでもなく、全部が全部そうじゃないですけど、よく言われる、横文字の「マーケター」と言われるような人を呼び込むことは、必ずしも正しいとは言えないのは、そんな理由からです。

店舗が支援企業を選ぶ基準は?

石郷 思うんですが、店舗運営していて、外注でサポートしてくれる企業(以下、支援企業)たちがいるじゃないですか。店舗さんって、結局情報があまりにない中で、どこのシステムを使えばいいのか、の判断基準ってどう考えたらいいもんなんですかね?結局、人づてで、あの人知っているから、あそこのシステムを使おう、みたいなところあるじゃないですか。そうじゃなくて、どういう目線で選んだらいいのか、を考えたいんですよね。

川添 僕で言えば、もともとは、全然知らなかったんです。広告しかり、代理店選定しかり、ベンダー、ツールしかり、聞くより仕方ない。人脈もゼロから始めたとすると、でも、接してみると、この人の情報は確かだなと感じることはあります。どういう時か。例えばですけど、「自分達の商品は最高ですから、是非、使ってください」という単純な売り込みの人がいたとします。その一方で、「御社はどういう基準でECやられているんですか、何を目指しているんですか」というのを聞いてくる人がいたとしたら、絶対後者の方が信頼できるわけですよ。自然と「他社はどうやってい

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

メディア編集部 ゼネラルマネージャー。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。