千趣会の新ブランド「kusu kusu works」が志すもの

ECのミカタ編集部

 毎日やらなければならない家事。掃除、炊事、洗濯と誰かと一緒に住んでいない限り、全ての家事を自分一人でやらなければならない。何もしないと、部屋はほこりまみれとなり、洗濯物も溜まっていく。

 そのような面倒な家事でも楽しくなるようなインテリア雑貨を販売しているEC「ベルメゾンネット」。今回は、新たな家事雑貨ジャンルの新ブランド「kusu kusu works(クスクスワークス)」が誕生し、「洗濯」をテーマにしたアイテムを販売開始した。

「くすっ」と微笑んでもらえる商品を創る

 株式会社千趣会(以下、千趣会)が運営する「ベルメゾンネット」では、消費者からの暮らしのアイデアや膨大な“困りごと”等の声に耳を傾け、オリジナル商品の開発を行ってきた。今回の「kusu kusu works」では、これまでの“困りごとを解決する機能的価値”のみならず、使うことが嬉しくなるような“洗練されたデザインによる情緒的価値”にこだわる。そんな「kusu kusu works」の商品の特長は、「機能×デザイン」の両者を持ち合わせた“困りごとを解決する機能と、その機能にマッチしたデザイン”の「家事家具」であることだ。

 なお、「kusu kusu works」は、人が「なるほど」と感じる商品に出会った時の「くすっ」という微笑むを追求すべく名付けられた。

 今回の“情緒的価値”を提供するために、企画段階からデザインの詳細まで一緒に開発を進めるプロジェクトパートナーとして、“モノづくりを通して世の中を元気にする”と掲げるアッシュコンセプト株式会社(以下、アッシュコンセプト)と契約した。

 アッシュコンセプトは、happy、hello、haha(笑い)、humanなど、人の心を豊かにしてくれる「h」から始まる言葉をコンセプトに、「h」のフランス語の発音「アッシュ」を会社名としている。そこには、“デザインを通して人を応援したい”という想いが込められており、そんなアッシュコンセプトと、消費者想いの千趣会が手を組むことで、これまでにない“オシャレで便利な商品”が誕生した。

第一弾は「洗濯」の“困りごと”を解決

 「kusu kusu works」の第一弾は、「洗濯」をテーマにしたハンガー5アイテムと室内物干し、物干し竿、バスタオルスタンド、ランドリーボックスの計9アイテムの「家事道具」だ。昨今、共働きや単身世帯の増加、住宅事情、大気汚染問題から、洗濯物を部屋干しする人の割合が増加しており、その大半がリビングで干している現状である(千趣会調べ)。そんな部屋干しにまつわる“困りごと”として以下が挙がった。

【部屋干しにまつわる“困りごと”】
■干すためのスペースをとる

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/11228/