EC宣伝・集客に最も効果的なSNS”Instagram”活用例

ECのミカタ編集部

国内最大級のネットショップ開設サービス「STORES.jp」を運営している株式会社ブラケットは、ショップ開設する人に「ショップの運営・告知」に関するアンケート調査を実施した。この調査では、ショップの宣伝・集客に最も効果的なSNSはInstagramと考えられていることが明らかになった。そこで調査の結果から、効果的なInstagram活用法を考えていく。

EC運営者の41.4%がInstagramを活用

 調査結果によると、ストアの宣伝・集客に効果的なSNSは、「Instagram」(41.4%)が最も多く、ネットショップ運営者がInstagramを効果的に活用していることが判明した。

 例えば、男の子の子供服を販売するネットショップ「beaucoup.」では、Instagramは感度が高い人、ファッションが好きな人が集まる上、ユーザーとの距離が近くコミュニケーションが取りやすいことからInstagramを活用している。子供の幼稚園のバス待ち時間など空いた時間に、ハッシュタグの活用と、ネットショップへの導線を作ることを意識しながら投稿するそうだ。

 さらに、ファッション小物セレクトストア「setagaya*mama」では、ファン層を広げるツールとしてInstagramを活用している。運営者が1人であるため、毎日投稿することは難しい。しかし、「世界観=ブランドイメージ」を守るために、1つ1つの写真に強いこだわりを持ちながら投稿するという。

Instagramの特色「購買促進」と「認知拡大」

 今回の調査結果でInstagramは、アイテムをそのまま掲載するのではなく、使用シーンを取り入れ、そのショップならではの「世界観」

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。