Amazon Launchpadでスタートアップ企業に販路提供

ECのミカタ編集部

左:アマゾンジャパン合同会社 ディレクター セラーサービス事業本部 事業本部長 星 健一氏
中:アマゾンジャパン合同会社 社長 ジャスパー・チャン氏
右:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎 忠雄氏

 本日、アマゾンジャパン合同会社が記者発表会を開催し、総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)に、「Amazon Launchpad(アマゾンローンチパッド)」をオープンしたことを発表した。「Amazon Launchpad」とは、スタートアップ企業の商品をセレクトして販売するストアである。

Amazon Launchpadのメリット

 特設ストアの「Amazon Launchpad」では、スタートアップ企業による革新的な製品を、Amazonを通して多くのユーザーに紹介することができる。そして販売の場を提供するだけでなく、マーケティングやセールスサポート、配送サービスも提供し、スタートアップを総合的にサポートしてくれるのだ。また、そうした「Amazon Launchpad」を利用することによって、本プログラムをすでに展開している8カ国へ販売することが可能になる。

 このプログラムに参加することにより、得られるメリットは大きく分けて4つある。

 まず1つ目は、迅速な販売開始ができるということだ。スタートアップは、商品登録サポートやAmazon独自のフルフィルメント・ネットワーク、マーケティングなどを活用することができる。そのため、迅速な販売開始ができるとともに、成長を加速させることが可能だ。

 次に2つ目は、ブランド構築ができるということだ。「Amazon Launchpad」の製品ページの中には、スタートアップのブランドストーリーや製品への想い、アピールポイントなどを動画や文章を通して伝えることができる。また、「スタートアップについて」のQ&Aをユーザーが見ることで、スタートアップや製品への理解を深め、親近感を与えてブランドを構築していくことが可能だ。

 そして3つ目は、露出機会の拡大ができるということだ。スタートアップのビジネス規模の大きさは問わずに、Amazonや「Amazon Launchpadストア」での露出など、通常の出品者と同様のツールやサービスを利用することができる。そのため、スタートアップはマーケティングプランを独自に作り上げる必要がない。

 最後に4つ目は、グローバル進出することができるということだ。世界各国のAmazonでビジネスの成長をサポートするため、スタートアップはグローバル展開することが可能になる。また、Amazonのフルフィルメント・ネットワークやカスタマーサービス、Amazonプライムの迅速な無料配送サービスを通して世界中のユーザーから信頼を集めることができる。そのためスタートアップながら、海外展開を容易に視野に入れることができるのだ。

 アマゾンジャパン合同会社 ディレクター セラーサービス事業本部 事業本部長 星 健一氏は、日本での「Amazon Launchpad」ローンチに対して「スタートアップは日本経済を成長させるにあたり、非常に大きな存在です。しかし販路を拡大や高い販売マージン、軌道に乗るまでの時間などに問題を抱えています。そんな中で、Amazonは多くの投資をして配送を始めとした利便性を高め、日本の重要なインフラを作り上げてきました。そこでAmazonが『Amazon Launchpad』プログラムを開始することにより、スタートアップ様の成長を支えていきたいと思います。」とコメントしている。

ジャスパー・チャン氏は何を語る?

 また、「Amazon Launchpad」は、100社以上のベンチャーキャピタル、クラウドファンディング、アクセラレーター、インキュベーターとともに世界各国で協力し合い、対象のスタートアップを募集している。日本では、一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会や、クラウドファンディングのMakuake、シードアクセラレーターのABBALabと活動を行っているという。参加を希望するスタートアップは、オリジナル製品を30日以内に日本のユーザーへ発送可能な状態にあれば、オンラインで参加申請を送ることができる。

 本日2016年1月18日から開始だが、すでに15社のスタートアップが参加している。参加している企業からは、「梱包や在庫管理、発送などの業務で失敗してしまうとお客様の信頼を無くしてしまいます。しかし『Amazon Launchpad』に参加することにより、販売機会が与えられる他、安心してプロダクト開発に取り組むことができます。」「『Amazon Launchpad』を通して製品の魅力を世界へと発信し、

ECノウハウ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。