2016年EC消費者動向調査総まとめ。購入率を下げる要因とは【ジャストシステム調べ】

ECのミカタ編集部

 株式会社ジャストシステムが運営する、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」が、2016年に4回実施した「ECサイトに関する調査」の結果から、20歳以上の消費者の意向をまとめ直し、その内容を『ECサイト消費者動向調査 【2016年総集編】』 として発表した。荷物受取専用ロッカーや配送料など、20歳以上の消費者はECに関してどのような関心をもって利用しているのだろうか。

20代女性:ECサイトの利用はスマホがメイン

 2016年11月の調査によると、ECサイトで1カ月に1回以上買い物をしている人がメインで使用している端末は「PC」が66.6%、「スマートフォン」が28.4%という結果となった。しかし、20代女性に限ってみるとメインで使用している端末は「スマートフォン」(69.6%)となり、「PC」(25.9%)を大きく上回っている。一方、同年代である20代男性は「スマートフォン」が34.2%にとどまり、大きな男女差が見られた。また、同じ女性であっても50代女性は「スマートフォン」が12.6%で「PC」が86.5%という結果になった。

 そして、最近ではEC業界でもメルマガの開封率の低さが懸念されているが、2016年10月の調査によると、ECサイトからのお知らせは「メルマガ」で受け取っている人が最も多く(69.7%)、20代は57.9%、30代は65.2%、40代は73.4%、50代は82.4%と、各世代においてメルマガでの情報取得率が半数を上回っていることがわかった。

 また、「SNS」で情報を受け取っている人は、20代が33.5%、30代は21.0%、40代は13.3%、50代は8.6%、「プッシュ通知」は20代が34.5%、30代は21.0%、40代は13.7%、50代は8.6%ということも明らかとなった。

20代の約4割がショッピングカートを有効活用

 2016年6月の調査で、直近1年間にECサイトで買い物をした人に気になった商品を後から探しやすくするために行っている工夫を聞いたところ、「ショッピングカートに入れておく」と答えた人が30.0%いたとのことだ。年代別に見てみると、20代が38.5%、30代が32.7%、40代が28.0%、50代が21.6%で、若年層ほどショッピングカートを備忘録のように活用していることがわかった。

 また、2016年11月の調査で、ECサイトが提示する「この商品を見た人が買った商品」「この商品と同時購入されている商品」など、関連商品の情報をチェックしている人が53.0%ということも明らかとなっている。そのうち、関連商品の提示によって

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。