スタートトゥデイ、前澤社長「服が人に合わせる時代」の真意はコレだ!プライベートブランドZOZO遂に発表!

ECのミカタ編集部

アパレルのオンラインショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイ(所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1WBGマリブウエスト15F、代表取締役社長 :前澤 友作、以下「スタートトゥデイ」)は、11月22日に同社の自社ブランド「ZOZO(ゾゾ)」に関する発表を行った。

「フィット感」をキーワードにしたプライベートブランド『ZOZO』

スタートトゥデイは、本日11月22日、プライベートブランド『ZOZO』の発表を行った。同ブランドは、すでに10月30日に概要が発表されていたものだが、その中身はこうだ。科学やテクノロジーで既存のアパレルを変革し、究極のフィット感を実現した「超ベーシックアイテム」を「ZOZOTOWN」でのみで展開するというもの。本格的なサービス開始は11月末頃を予定している。

『ZOZO』のロゴには「◯△□」があしらわれていて、人々の姿形、アイデンディや趣向の違いを前提として、その個性を最大限尊重しつつ、フ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。