アマゾンが語る「Amazonログイン&ペイメント」導入1000社突破の今

ECのミカタ編集部 [PR]

アマゾンジャパン合同会社
アマゾンペイメント事業本部 事業部長 井野川 拓也氏

Amazon以外のECサイトにもAmazonアカウントでログイン・決済ができるという「Amazonログイン&ペイメント」。日本では2015年5月にローンチし、導入事業者が続々と増えている。2016年10月には導入事業者が1000社を超え、新機能も追加された。Amazonログイン&ペイメントは従来のサービスと何が違うのか、EC業界にどのような変化をもたらしているのか、アマゾンジャパン合同会社 アマゾンペイメント事業本部 事業部長 井野川 拓也氏にお話を伺った。

Amazonログイン&ペイメントの基本

 Amazonログイン&ペイメントは、Amazon以外のECサイトでもAmazonアカウントでログイン・決済でき、簡単で安心な買い物を実現するサービスだ。その大きなポイントが、購入者はAmazonアカウントでログインし、Amazonアカウントに登録されている配送先住所やクレジットカード情報を利用して決済ができるという点だ。その開発背景について、井野川氏は次のように語った。

「Amazonのビジネスモデルは、従来直販や出品サービスがメインでしたが、お客様の更なる利便性向上のために、Amazon以外の独自ドメインのECサイトも サポートしたいという思いがありました。Amazonログイン&ペイメントを日本で最初に導入されたECサイトは『出前館』様と『劇団四季』様でした。これらのサービスでは、配達エリアごとの商品検索、公演ごとの座席指定などをご案内する必要があり、Amazonではまだ提供ができていないサービスです。Amazonログイン&ペイメントによって、Amazonで取り扱っていない商材やサービスも、Amazonのお客様に提供できるようになったのです」。

 Amazonログイン&ペイメントは、日本では2015年5月にローンチされ、2016年4月にはソリューションプロバイダー向けに公式認定制度「グローバルパートナープログラム」を開始、2016年10月には、新機能として「定期購入機能」の提供や、「モバイルアプリ内への実装」も対応を開始し、、導入事業者数が1000社を突破したことが発表された。

Amazonログイン&ペイメント、利用者のメリットとは?

  Amazonログイン&ペイメントを利用する購入者のメリットとしては、まず、利便性が挙げられる。EC市場が拡大し、ECサイトを運営する事業者が増えるにつれ、購入者は様々なサイトのID・パスワードを管理しなければいけない煩わしさを感じている状況だ。 Amazonログイン&ペイメントを利用すれば、この煩わしさを解消することができる。

「Amazonアカウント一つでAmazon以外のECサイトでも買い物ができるので、お客様は複数のIDやパスワードを管理する必要がなくなります。複数のアカウント情報を管理している状態では、アカウント情報を忘れてしまって、パスワードを再設定することなどが面倒なために、お買い物をやめてしまうこともあります。そういった不便さを解消したいという思いがありました」。

 通常、ECサイトで買い物をする時は、注文完了までに様々な情報を入力する必要がある。この間に離脱やカゴ落ちが起こってしまうことも多い。しかし Amazonログイン&ペイメントを利用することで、配送先住所やクレジットカード番号を入力する手間がなく、最短2クリックで注文を完了することもできる。

「情報入力の手間がなくなることで、お客様がストレスなくお買い物ができるようになりました。例えば、『鞄工房山本』様というEC事業者様では、ランドセルを販売しているのです

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。