人が減っても就労時間が大幅削減!助ネコの秘密とは?

ECのミカタ編集部 [PR]

3D(スリーディー)山家 翔さん
男性向けアパレルにて急成長しているEC企業。商品登録業務に時間を要して非常に困っていた担当者。

ECにおいて、商品登録は欠かせない作業。本来なら、商品を魅力的に見せるための、撮影やページ作りにも力を入れたい。しかし限られたスタッフ数で、日々の業務をこなしながら、そうしたクリエイティブな作業を行うのは至難の技だといえるだろう。

そこでおすすめなのが「助ネコ 商品登録」。商品一括登録が最短40秒で行えるという話題のサービスだ。
提供元である株式会社アクアリーフ(以下、アクアリーフ)の高見友理さん、中富 結さんと、ユーザーである、男性向けアパレル店舗・3D(スリーディー)の山家 翔さんにお話を伺った。

「助ネコ」商品登録で、ハイシーズンも乗り切れた

3D山家 ECサービスというと、受注や在庫の管理サービスの会社は多いけど、商品管理をサポートしてくれる会社って、実は少ないんですよね。でもそれを安心して任せられる会社がみつかれば、店舗運営の効率は全然よくなってくると思います。

弊社はECをスタートして10年になりますが「助ネコ」を導入する前、商品登録は手作業で書いていたんですよ。僕はCSVを使えるのですが、それでも楽天で作ったCSVを落として、それを置き換えて、置き換えて、、、と何店舗分もやっていて、かなり手間がかかっていた。それが1回で済むようになりました。

かかっていた時間でいうと、うちの始業時間は10時なんですが、たとえば15商品を登録するだけで、以前は2日間、それも22時すぎまでかけてやっていた。それが今では、スタッフが1名減ったのにもかかわらず、1日で、しかも18時くらいには終わるようになりました。そこからは好きなように、帰ったり、他の業務をしたり、飲みに行ったり、、、。

「助ネコ」を使い始めて、まだ半年もたっていないのですが、効果はものすごく実感しています。

アクアリーフ高見  1日のタイムスケジュールが劇的に変わられたんですね! 弊社もお役に立てて、うれしいです。

3D山家   サービスを導入したのは夏だったんですが、弊社だとちょうどTシャツなどの出荷が多くて忙しいときです。そこを「助ネコ」のパワーのおかげで、乗り切ることができました。

クリエイティブな作業にこそ、店舗運営の醍醐味がある

3D山家   浮いた時間は、本来店舗がするべき、クリエイティブな作業に費やせるようになりました。アパレルですから、日々の業務に追われながらも「本当は商品のイメージカットにこだわりたい」「より魅力的なページ作りをしたりしたい」とずっと思っていたんです。

その思いが今、爆発している感じで(笑)、ロケ撮影にも行ける。商品をモデルが着ているイメージカットが撮れるようになったんです。やはりイメージカットがあるほうが、商品の魅力は断然伝わりますから。それとモールごとに掲載の雰囲気を変えたりすることもできるようになりました。こうしたクリエイティブな作業をしながら、今は洋服屋であることの醍醐味を感じています。

そういうことって、大手の店

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。