アスクル17年5月期2Q決算〜LOHACOの今後は?岩田社長に直撃/ヤフー連携の意義

石郷“145”マナブ(編集長)

アスクルの2017年度5月期を振り返る

アスクル株式会社(以下、アスクル)は、2017年度5月期の決算発表を行った。

 まず、連結業績の概要(17年5月期2Q累計)に関しては、次のように説明している。売上高は1650億9000万円で前年度同期比で110%となっていて、過去最高となった。売り上げ純利益は371億8100万円で売上高に対して占める比率は22.5%となり、当初の予定より若干の未達となった。販管費は335億3900億円で、営業利益が36億4100万円で計画よりも4億円増、経常利益は35億8500万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は21億500万円となった。

 第2クオーター自体はどうだったのだろう。連結業績の概要(17年5月期2Q期間)を見てみると、売上高は895億2900万円で前年同期比109,6%、売り上げ総純利益率192億3700万円(前年同期比110.1%)、販管費が168億1200万円(前年同期比105.5%)、営業利益242億2400万円(前年同期比157.8%)、経常利益24億800万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は14億6000万円(前年同期比158.5%)となっている。

LOHACOの事業に関して

 事業別の項目ではLOHACOの内容に関しても触れているので取り上げたい。17年5月期2Q累計で、売上高は207億円(前年同期比137.2%)で、営業利益は△25億円となった。この中には、TVCMの積極的な投入、Tポイントを使った販促費用(△7億円)などが含まれている。今は、損益を維持しながら、売上高を成長させる方針がここに垣間見える。

 積極的に様々な施策に着手しており、例えば、小刻み時間帯指定サービス「Happy OnTime」が8月から開始され、この中で3000円以上の購入者は、1時

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

メディア編集部 ゼネラルマネージャー。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/12765/