よりフィットしたサイト構築を実現「ecbeing SaaS」提供開始

ECのミカタ編集部

 株式会社 ecbeing(以下、ecbeing)は、ECサイト構築パッケージecbeingの新モデル「ecbeing SaaS(イーシービーイングサース)」の正式提供を2月1日より開始する。

 ecbeingは、8年連続でトップシェアを誇るECサイト構築パッケージであり、導入実績は950サイト超にもなる。今日も、「売上アップ」を基本コンセプトに、システム構築はもちろんサイト分析からデザイン制作、プロモーションまでのワンストップサービスにより、「売れるECサイト」づくりをEC専門の開発者400人体制でバックアップしている。
 
 そんなecbeingが今回提供を開始する「ecbeing SaaS」は、フレームワークや各種機能は今までのパッケージ版と同じままに、①システムの陳腐化を防ぐ無償バージョンアップ対応②カスタマイズ可能③さらに導入しやすく新価格プランを設定 というサービスを兼ね備えているのだ。

 「ecbeing SaaS」を利用することにより、独自のECビジネスモデルを持っていないEC事業者は、短期にECサイトを構築することができ、陳腐化することのないSaaS版でのサイト維持が可能となった。

 一方で、他社に無い自社独自サービス展開を目指すEC事業者は、パッケージ版でシステムの柔軟性に重点をおくことができる。

 ECサイト構築における手法として、SaaSモデルは以前より存在するサービスだが、「ecbeing SaaS」では競合他社と比較し、パッケージで培われた圧倒的な機能数と操作性、安定した開発体制でサポートをおこなう新たなモデルになるとのことだ。

 今後は、業務規模や要望に応じて、パッケージ版・ SaaS版といった複数のサービスからEC事業者に、よりフィットしたECサイトの構築提案が実現できる。

 他社ツールとも積極的にサービス提携を行うecbeingが、今回新モデルをリリースしたことによりEC事業者にとって益々使いやすいものとなった。これまでも多くのEC企業にその利便性を支持されてきたわけだが、今後も更に様々な企業への柔軟なサービス提供が期待される。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。