年代別お金の使い道~プレミアムフライデーで消費は向上?~【SMBCコンシューマーファイナンス調べ】

ECのミカタ編集部

  SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、2017年1月17日~19日の3日間、30歳~49歳の男女を対象に「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開した。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)その集計結果のなかから、今回は「消費意識と消費の矛先」のカテゴリーに注目し、年代別に見た消費傾向とプレミアムフライデーにおける消費行動についてまとめていきたい。

年代別にみるお金の使い方

 30代・40代は、どのような意識で物やサービスにお金を使っているのだろうか。どの程度同意するか聞いたところ、<購入検討する際、同じ商品群・サービスの中で“最安値”のものは必ずチェックする>では、「そう思う」(「非常に」+「やや」)が87.5%となった。30代・40代のほとんどの人は、欲しい商品群の最安値を把握してから購入検討を始めているようだ。

  また、<“お金をかけるべきもの”は何かを考え、その分野ではお金を惜しまない>では「そう思う」が76.5%となった。お金をかけるべきものかそうでないかを吟味し、お金をかけるべきだと判断したら安さを追求しない“メリハリ消費”と言えそうな消費意識を持っている人が多い。

さらに、<多少高くても品質が信頼できる品(国産メーカー品や知人のおすすめなど)を選ぶことが多い>では「そう思う」が74.8%となった。安さを求めてノンブランドの商品に挑戦するよりも、多少高くても信頼のおける品を選ぶといった、“ブランド(信頼)志向”に基づいた消費活動を行っている人が多いようだ。

 お金の使い方に関する意識を年代別にみると、「最安値チェック意識」は20代が9割台(90.8%)で最も高いものの、30代(87.8%)や40代(87.2%)でも8割台後半の高い割合を示していることがわかる。最安値のチェックは20代などの若い層に限らず、今や多くの人が当たり前のように行っている消費行動のようだ。

  一方、「背伸び消費意識」は20代で65.7%、30代で5

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。